鉄骨解体

安全第一・環境に配慮した鉄骨解体工事

鉄骨とは、建物の骨組みに、スチールを組んで作った構造のこと。
「S造」と略すことが多く、柱や梁をボルトや溶接で接合しています。
軽量で耐震性が高く、耐久性にも優れているため、大型の工場や高層ビルなど、多くの建物で採用されています。

その鉄骨の解体工事において確認すべきなのは、耐火被覆の有無。
特に1970年代以前に建てられた建物の多くは、産業廃棄物であるアスベストが施されており、解体工事に取り掛かるまでに日数がかかるからです。
その場合は事前に検査機関にて調査した後、石綿含有の有無を検査し、安全第一で工事を進めていきます。

アスベスト除去について≫

 

解体工事における注意点

騒音・振動対策
建物を取り壊す解体工事は、どうしても騒音や振動が発生してしまうため、適切な対策を取っておく必要があります。
事前に近隣の皆さまへご挨拶することはもちろん、建物を防音シートや防音パネルで覆い、騒音や振動を最小限にする努力をしています。

自治体への届け出
大規模改修工事着手届、特定建設作業届など、各自治体に提出しなければならない書類の把握をしておく必要があります。
建物リサイクル法に関する知識もお任せください。

 

解体方法の種類

■ 鉄骨切断カッター工法


■ ガス切断工法


 

解体工事は大津市の株式会社山火工業にご用命ください!


【電話】 077-598-3131 (9:00~17:00/日祝休み)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【所在地】 〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下龍華町119-4

鉄骨解体≫ 木造解体≫ RC解体≫ 内装解体≫ アスベスト除去≫ 産業廃棄物収集運搬≫

一覧ページに戻る

施工事例
お問い合わせ